日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内

「酒は百薬の長」といわれますが、それもほどほどの量での話。過ぎれば二日酔いや悪酔いたいを招き、ついには肝臓を傷める元凶と化します。
お酒は「百薬の長」か?[本当]

そこで気になるのが、具体的にどのくらいの量までなら肝臓を傷めることなく、アルコールを楽しめるのか、という点でしょう。問題になるのは、お酒に含まれるアルコールの絶対量です。

当然ですが、お酒は種類によってアルコールの濃度が違います。概して、日本酒やワイン、ビールなどの醸造酒のアルコール濃度は、それほど高くありません。

日本酒なら15~16度、ワインでは1~14度、ビールは4度が一般的です。一方、焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は濃度が高くなります。飲んだお酒のアルコール量(g数) については、次のような計算でおおよそを割り出すことができます。

たとえば、日本酒1合(180ml)を飲んだ場合は、
180ml(飲酒量)×100分の15度(アルコール度数)×0.8(アルコールの比率)=21.6g

ということで、約22gのアルコールが体に入ったことになります。日本人の場合、肝臓でのアルコール分解能力は、体重10kgあたり、1時間に約1gとされています。たとえば体重60kgの人なら、1時間に6gほどのアルコールを分解するわけです。この人が日本酒3合を飲んだときは22g×3(合)、つまり66gほどのアルコールが体内に入ったことになります。
アルコールの分解にかかる時間は6分の22×3=11
という計算で約11時間になり、前日の夜、8~9時にかけて飲んだ3合の日本酒がすっかり体から抜けきるのは、翌日の朝7~8時ころになるのです。
体内に入ったアルコールの90% は肝臓で分解・処理されますが、この能力には限界があります。アルコール濃度が高いお酒を短時間に飲むほど肝臓の処理能力は追いつかなくなり、血液中のアルコールやアセトアルデヒドの量が多くなってしまうのです。

これが、悪酔いや二日酔いを起こす原因になります。で8すから、肝臓をアルコールの処理からせめて半日以上解放してやるためには、日本酒なら1日2合、ビールなら大びん2本、ウィスキーならシングル4杯までが目安になります。

ちなみに「大阪肝炎・肝硬変研究会」が行った、飲んだアルコールの量と肝硬変になる率を調べたデータをは次のとおりです。

毎日1~2合飲む人が肝硬変になる率は飲酒しない人とほとんど変わらないのに、毎日3~4合になると危険率は6倍、5合以上が10年つづくと13倍近くになるという結果が出ています。

お酒をどのくらい飲んだら肝臓が悪くなるかについては意見が分かれるところですが、次の点ではおおかたが一致しています。すなわち、毎日3合以上を5年間以上飲みつづけるとアルコール性脂肪肝や肝炎になる条件がととのい、5合以上を10年以上飲みつづけるとアルコール性肝硬変ができ上がる条件がととのうということです。

これは、先ほど紹介した日本人のアルコール分解能力からも裏づけられます。体重60kgの人が1日に処理できるアルコールの最大量は144gです。

これを日本酒に換算すると6~7合に匹敵します。ということは、毎日6~〜7合以上のお酒を飲んでいる人の肝臓は、1日中休みなくフル回転させられていることになります。

これでは肝臓が悲鳴を上げて障害を起こす危険性が高くなるのも無理ありません。百薬の長とするためには、飲む量を日本酒に換算して1日2合以内にとどめるのべきでしょう。
そしてこれが肝臓のことを心配せずに飲める量ということになります。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です