旅行先で決まって頭痛が起きる

慢性的な頭痛に悩む人からは、「発作に見舞われるので旅行に出かけられない」という声をよく聞きます。実際、頭痛持ちの患者さんにとって、旅行には頭痛の発作を招く要因が少なくないのです。例えば、飛行機に乗ったり、高い山に登ったりすると、気圧の変動で発作が現れやすいし、満員電車や人込みにもまれるストレスも一因となります。

さらに、強い日差しや慣れないにおいで頭痛が起こる人も多いうえに、食事の時問がずれて空腹になったり、疲労がたまったりして頭痛を招くこともあります。しかし、頭痛持ちの人でも旅行を楽しむことはできるので、安心してください。
まず大切なのは、余裕を持った日程を組むことです。旅行の前日と旅行中は、十分な睡眠をとるようにしましょう。特に、片頭痛や群発頭痛の発作が起こる時期に入っていたら、飛行機に乗るときは必ず頭痛薬を持ち込むようにしてください。旅行先でも、人で込み合うような時問帝の観光は避けたほうが無難です。
さらに、外出時はサングラスや帽子で日差しを防ぐ、タバコなどにおいの強いものをそばに置かない、お酒は控えるといった工夫も、頭痛の発作を防ぐのに役立ちます。
空腹になると頭が痛くなる人は、朝食をきちんととって、昼食や夕食もできるだけいつもどおりの時問に食べるようにします。それでも頭痛が起こってしまったら、片頭痛の場合はこめかみを冷やしたり、カフェインを含むコーヒーや紅茶を飲んだりするといいでしょう。
緊張型頭痛の場合は、軽い運動を行うと痛みが和らぐことが多いようです。ただし、どうすれば痛みが和らぐかは人によって違います。旅行に出かけるなら、あらかじめ医師とも相談して、頭痛が起こったときの対策を決めておくと、不安の解消に役立つでしょう。
頭痛薬については、3~4日ぐらいなら、毎日飲んでもそれほど問題はありません。頭痛がひどくなるまで我慢せず、早めに薬を飲むことも大切です。
頭痛薬はこちら
鎮痛頭痛薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です