少しずつ痛みが増す、後頭部の片側が痛むは重症のケースも

いつも違う頭痛には要注意

これまでの記事で紹介されている緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛などの慢性頭痛は、頭痛そのものが治療の対象となる「一次性頭痛」と言われます。放置すると脳梗塞などを招きやすくなりますが、今すぐ命にかかわることはありません。
ところが、療病の中には、クモ膜下出血や脳腫瘍といった脳の病気(あるいはケガ)のサインとして起こる「二次性頭痛」があります。この頭痛が現れたら、突然死も招きかねないので要注意。ふだん顛痛で悩んでいる頭痛持ちの人も、いつもと違う激しい痛みが急に起こったり、日増しに痛みが強まったりした場合は、早急に検査や治療が必要になります。

脳梗塞

脳梗塞は、脳血栓と脳塞栓に大別されます。脳血栓は、脳の血管の内側が高血圧や動脈硬化(血管の老化)で狭くなり、そこに血栓(血液の塊)ができて血管がつまる病気。脳塞栓は、心臓などの血管にできた血栓が脳に運ばれ、脳の血管をふさぐ病気です。
一般に、脳梗塞で顛痛が起こる人は全体の3分の1程度。しかし、脳の頭頂葉から後頭葉にかけての部分に脳梗塞が起こると、頭痛が現れることがあります。手足のしびれ、物が二重に見える、言葉が出ないなどの症状を伴う場合、 脳梗塞が疑われるので、早急な治療が必要です。

脳出血

これは、高血圧などによって動脈硬化が進行し、脳の細い血管が破れて出血する病気です。出血した部位にできる血腫が周囲の血管や神経を圧迫すると、頭痛が起こります。脳出血では頭痛が起こらないこともありますが、頭痛がある場合、時問とともに痛みが強くなっていくのが特徴。ただし、クモ膜下出血ほどの激痛にはなりません。頭痛のほか、脳出血で現れやすい症状は、右半身か左半身のしびれやマヒ、ろれつが回らない、もしくは軽度から中度の意識障害などです。

クモ膜下出血

脳は、硬膜、くも膜、軟膜の3層に覆われています。くも膜下出血は、脳の表面を走る血管にできたコプ(動脈瘤が破裂し、クモ膜と脳の間(クモ膜下腔) に出血する病気。突然、バットで殴られたような激しい後後頭部の痛みが起こるのが特徴です。
頭痛とともに、悪心(胸がムカなムカして吐き気のする)こと)・嘔吐を伴い意識を失うこともあります。そうした発作から少し時問がたつと、後頭部から肩にかけての部分が硬直し、首を曲げにくくなります。なお、発作が起こる1~2週間以内) に軽い顔痛があったという患者さんもいます。

悪性腫瘍がひそむ危険も

脳腫瘍

頭蓋(頭の骨)内にできる脳腫瘍は、良性と感性があります。どちらも、初めは顔全体に頭重感があったり、一部に鈍い痛みが生じたりし、こうした症状が、腫瘍が大きくなるにつれて日増しに強くなっていくのが特徴。
また早朝、眠りから覚めたときに痛みを感じ、起きて動きはじめるとらくになるというように、睡眠と問係が深い頭痛も起こりやすくなります。

椎骨動脈解離

最近、若い世代から中年までの男性に増えているのが椎骨動脈解離。首の後ろにある椎骨動脈がさけたり、ひびが入ったnりるため、激しい痛みが生じます。後頭部の片側だけが痛み、めまいを伴うのが特徴です。ゴルフのクラブを振るなど、激しく首を振ったり、ひねったりしたときに起こり、放置すると脳梗塞などを招く危険もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です