副交感神経を高める5つの習慣、副交感神経が乱れると血液がどろどろになって血流が悪くなる

健康の大きな鍵を握る自律神経

自律神経が乱れると、心臓や胃腸の働きが鈍化して血流も悪くなり、さまざまな病気や不快な症状を起こしやすくなります。つまり、病気にならないためには、自律神経を整えて常に血流のよい状態を保ち、良質な血液をつくる腸の状態を良好にする必要があるのです。自他伴神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分かていて、互いに括抗した関係を保っています。
運動などのときは、すべて交感神経のレベルが上がっている状態です。
一方、リラックスしているとき、眠っているときなどは、副交感神経が優位に働いています。そもそも血管は、交感神経優位のときに収縮し、副交感神経優位のときに拡張するという性質をもっています。
もし、交感神経ばかりが優位になり、副交感神経のレベルが下がったままだと、血管が拡張せず、狭い範囲を血液が無理やり流れることになります。すると、当然血圧は上昇します。

ストレスの多い現代人は交感神経優位になりやすいのですが、そのままではさまざまな病気を引き起こしてしまうことになります。そこで、本当の健康になるために、副交感神経を優位にして血流をよくする健康習慣が重要になります。

自律神経の仕組み

  • 運動したり、緊張・不安な状態のときは交感神経が活発になる
  • リラックスしモいるとき、寝ているとき一副交感神経が活発になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です