高中性脂肪血症のチェック

血液検査で血清脂質の値をチェック

高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打つことが大切です。検査は簡単で、血液を採取して血清脂質の値を調べます。一般に、健康診断などでは、

  1. 中性脂肪
  2. 総コレステロール
  3. HDLコレステロール

ルを計測します。病院によっては、総コレステロールのかわりにLDLコレステロールを計測することもあります。中性脂肪値が高い場合は「高中性脂肪血症」、コレステロール値が高い場合は「高コレステロール血症」と診断されます。
善玉であるHDLコレステロールの数値が低い場合は「低HDLレステロール血症」と診断されます。
また、悪玉のLDLコレステロールが高い場合を「高LDLコレステロール血症」と呼びますが、LDLの計測は最近やっと可能になったばかりなので、ほかの3つの脂質の数値から求めてもよいでしょう。高脂血症と診断する基準値は、いずれもその範囲を超えた場合に動脈硬化の危険がある、という意味です。

高脂血症の基準値

脂質の種類 適正域 境界域 高脂血症
中性脂肪(TG) 150未満 150以上
総コレステロール(TCH) 200未満 200~219 220以上
LDLコレステロール 120未満 120~139 140以上
HDLコレステロール 40以上 40未満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です