十分な睡眠で新陳代謝があがり免疫力がアップする

夜は24時までに布団に入って眠る

ストレス過多、不規則な生活の慢性化が当たり前になってしまった現代だからこそ不眠症に悩む人々が増え、20 ~60代の男女では4人に1人が不眠で悩んでいる。
人間にとって大事なのは、呼吸と食事、そして睡眠。
だから、ストレス解消においても、心療内科医は「まず、何をおいても十分な睡眠をとってください」と、アドバイスする。
事実、人間は身体を横たえて睡眠をとっているときに細胞にとって最も大事な「新陳代謝」 が行われ、造血作用も行われるのである。肝臓、腎臓も睡眠中にパワーを補充するのである。結果、免疫力は強化される。人間がガン細胞を生かしてしまうか叩くかは「免疫力の強さ」 にかかっているので、眠りをおろそかにはできない。その極めて重要な睡眠を身につけるには、「シンデレラ睡眠″」を目指す。深夜12暗までに布団の中に入ると、より質のいい眠りが得られるのである。

睡眠は深い眠りの「レム睡眠」と、浅い眠りの「ノンレム睡眠」があり、それが交互に繰り返される。1リズム1時間半程度で4~6 回。6 ~9時間となる。そこには3時間の差があるが、短くても質のよい眠りが得られればいいが、その最低限が6時間といえる。では、なかなか眠りに入れない人には、次の7点を実行すると、よりスムーズに人眠できるはずである。

  1. ぬるめのお風呂にゆっくり入る。身体が十分リラックスヘと向いていく
  2. 瞑想、自己暗示法、腹式呼吸法など、ベッドでできる自分なりのリラックス法を身につける
  3. テキ普段からビタミンB12 、葉酸を十分に摂取しておく
  4. カルシウム、マグネシウムを普段から十分に摂取
  5. 昼間や夕方に適度な運動をする
  6. 夕方以降はカフェインを控える
  7. 周囲新前はスマホ・パソコン操作を行わない

就寝前に快眠 CDを聞くのは最近では定番ですがリラックスできてよく眠れます。
こちらには「クラシック音楽」「オルゴールの音色」「自然音」「ヒーリング」などさまざまなものが紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です