第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防

足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージで治した体験からこの療法を広め始めた。
現代医学と中国伝統医学を融合し、科学機器を駆使して数多くの臨床実験を積み重ね、足に身体の器官の反射区を定め、トラブル(病気) との関係を実証した。
何よりこの健康法のよさは、「誰でも簡単にでき、副作用がなく安全。そのうえ、効果も早く、しかも自分自身でできること」だといわれている。
この健康法を行うと、細胞が活性化し、血液の循環がよくなり、ホルモン・バランスが整って内臓器官の機能が正常に向かう。結果、自然治癒力が高まり、数々のトラブルを解消する。
何よりも、この健康法を行うことで、多くのトラブルの予防に結びつくのです。つまり、日々の健康維持と増進。予防に効果がある。もちろん、多くのガン予防にも結びつく。

ただ足をもむだけでなく効果を発揮するには実は、足のもみ方にもきちっとした順序がある。まずは左足の裏からもみ始める。基本ゾーンである腎臓、輸尿管、膀朕、尿道の反射区の順に静かにもみあげる。
この後、つま先から足の裏全体をもみ、次に足側面の内、外、甲、膝裏、膝の皿、膝上から太ももまでもみあげる。
そして、基本ゾーンをもう一度静かにもんで終了する。基本ゾーンの器官を強くすることが最も重要としている。
たとえば、家族に胃ガンで亡くなったりした方がいて、胃ガンが気になる方は、より時間をかけて胃、腸、リンパ腫、胸椎の反射区をもみほぐすことになる。胃の反射区は足の裏の土踏まずにあり、腸の反射区は土踏まずの中央からかかと寄り、また、足の裏をセンターで横に線を引いたあたりからかかのとの中央までの腸の反射区域。リンパ線の反射区域は足の内側の土踏まずの骨のすぐ下部分。
もむときは強く深くゆっくりと息を吐きながらもむ。
痛くても気持ちがいいくらいの強さが効果を早めてくれる。
そのうえで、大切なポイント。

  • 食後1時間以内は避ける
  • 生理中、妊娠中は行わない
  • 骨の部分を圧迫し過ぎない
  • はじめとめと終わりは必ず基本ゾーンをもむ
  • 終了後は30分以内に約500ccの白湯を飲む。
  • 足裏から膝上10cmまで両足を30分くらいもむ。時間のないときは15分前後でもよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です