老眼で急に落ちた視力が新視力若返り食品で回復し飛蚊症も同時によくなった

視界の端に黒いゴミが突然あらわれ読書に集中できなくない

新視力若返り食品を飲みはじめてから、治療をしたわけでもないのに飛蚊症(目の前を蚊や糸くずが飛んでいるように見える症状)が改善し、以前よりも、ものがはっきりとと見えるようになりましたといいます。そう話すのは、宮城県仙台市に住むSさん(仮名・71歳)です。Sさんは、60歳まで高校の家庭科の教師を務めていました。
夏休み、久乃休み、春休みと年に3回、長期の休みを取ることができました。もちろん、生徒が休みの問、ずっと休めるわけではありません。それでも、同僚らとスケジュールを調整して長めの休暇を取り、年に一度は海外旅行に出かけていました。
定年後はさらに旅行の回数が増えたというSさん。これまでに訪れた国はヨーロッパ各国やアメリカ、カナダなど50カ国以上に上るといいます。「行きたかった国や地域にはほとんど族行できたので、60代半ばを過ぎてからは海外旅行への熱が冷めてしまいました。その代わり、読書にのめりこんだんです」初めのうちは、手当たりしだいに話題の本を読んでいたといまつもとせいちよううSさん。3年前に松本清張の小説を読んでからは、ミステリー小説を専門に読むようになったといいます。そのころから目の不調に悩むようになったそうです。
若いころ、視力は両目ともに2.0でした。50代半ばで老眼が進んで1.0に下がってしまい、読書や書き物をするときには老眼鏡をかけるようになりました。
ところがある日、右目の視界の端に、ゴミのような黒かたまりい塊が見えたのです。読書をするさい、なんとなく気になって集中できなくなりました。困った斎藤さんは、近所の眼科で診察を受けました。医師は飛蚊症と診断。老化が原因という理由で治療は行われず、薬も処方されませんでした。
病院に行っても飛蚊症が治ったわけではありません。友人に相談したところ、目にいいといわれている健康食品を紹介してくれました。飲んではみたのですが、特に効果が見られず、すぐにやめたんです。
そんなSさんが新視力若返り食品を知ったのは、2008年のこと。
飛蚊症に加えて、老眼が進んだせいか、その頃から視界がぼやけはじめたんです。そのため、新聞や雑誌などで、目によさそうな食品や健康法がないか、自分で探しました。
そんな中、本屋で見つけたのが新視力若返り食品です。
老眼に効くルティンとタロセチンという栄養分が豊富に含まれている食品と知り、興味を持ちました。Sさんは新視力若返り食品を購入。朝・昼・晩の毎食前に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。その効果は、予想外に早く現れたとか。
窓から外を眺めたときに、目がかすんで、木や建物などの景色がぼんやりとしか見えませんでした。ところが、飲みはじめて3日めに、木や建物の輪郭がおぼろげながらも見えるようになりました。以前、ほかの健康食品を飲んだときに効果がなかったぶん、より変化を実感できたんです」飲みはじめて2ヶ月たってからも目の調子がよかったため、朝・晩の食前に一粒ずつ、1日計2粒に減らしたという斎藤さん。飲みつづけたことで、さらに見え方が改善しました。

壁の木目がはっきり見えるようになり好きな読書にも集中

ぼんやりとしか見えなかった壁の木目がハッキリと見えるようになりました。視界の端にあったゴミのような黒い塊も消えたんです。趣味の読書に集中できるようになり、毎日が充実しています。ただ、目の調子がよくなったといっても70歳を越えているので、なんらかの目の病気に襲われるかもしれません。今後、年に1回は眼科で検査を受けるようにしたいと思います。買い物や散歩以外の時間は、読書に充てているというSさんは、今後も新視力若返り食品を飲みつづけるとのこと。かすみ目や老眼による視力の低下に悩む友人たちにも紹介し、飲んだ友人全員の症状が改善したため、感謝されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です