老眼の目のかすみが治まり車の運転や新聞の文字も支障なく読める

加齢黄斑変性を患い治療で軽快したが老眼が進み不便になる

愛知県名古屋市に住む主婦のTさん(仮名・62歳)は、55歳まで30年以上にわたり、中学校の教師を務めていたそうです。「中学三年生の担任は、子供たちが高校へ出す内申書を、何十通もまとめて書かなければなりません。細かい文字を書いていると、目の奥が痛むようになってきたんです。温かいおしぼりを目の上に乗せて休むと、痛みは少し和らぎますが、しばらくすると痛みが復活してしまいます。
目以外にも体の不調があって、しかたなく55歳で退職したそうです。退職直後、Tさんは右目が加齢黄斑変性(加齢に伴い網膜の中心部にある黄斑部に障害が起こる目の病気)という病気になり、一時、眼科に通院していたこともあるそうです。その治療中、友人に目の悩みを相談。
趣味の琴を弾いているときに、弦がグニヤリと曲がって見えたんです。一瞬、日ではなく自分の頭がおかしくなったのではないか、と思ったくらいでした。しばらくは眼科に通い、友人から紹介してもらった健康補助食品を飲んでいました。だいぶ症状は落ち着きましたが、目の調子は万全ではないので、それ以降、琴を弾くことをあきらめたそうです。
もともと近視で、左右とも裸眼の視力が0.3だったというTさん。最近では老眼も進み、さまざまな不便さを感じるようになっていったそうです。
夜に車を運転していると、目がかすんで信号が見えづらくなりました。もともと乱視もあって、霧の中で花火を見ているような感じです。運転時は両目とも視力が0.8程度になるようめがねに合わせた近視用の眼鏡をかけていますが、その眼鏡もだんだん合わなくなってきたような気がしました。新聞を読むときも目の焦点が合わず、細かい文字が見えてくるまで、数秒かかるようになったといいます。
健康補助食品を紹介してくれた友人に、老眼の治療法はないかを再度相談したというTさん。その友人は老眼に効くらしいよ、と新視力若返り食品を紹介してくれました。以前、Tさんが飲んでいた健康補助食品に改良を加えたものだそうです。
友人も新視力若返り食品を飲んでいて、とても目の調子がいいということでした。私自身、加齢黄斑変性の症状が改善しています。それに改良を加えたものならばぜひ飲んでみたい、そう思いました。

視界が良好になって好きな琴を再開

Tさんは早速、新視力若返り食品を購入。朝・昼・晩の毎食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。飲みはじめて1週間ほどたったころから、早くもものの見え方に違いが出てきたそうです。
運転中、視界がとてもスッキリして、信号や通行人がとても見えやすくなりました。一時は車の運転を見合わせたほうがいいかと思っていただけに、これなら大丈夫とうれしかったですね。新聞や本の細かい文字も、じっと目を凝らさなくてもバッと見えるようになりました。だから、内容がすぐ頭に入るようになりました。

目の調子が改善しても、目を酷使しないように気をつけながら生活を送っているというTさん。最近では、好きな琴の稽古を再開できました。
加齢黄斑変性を患ったせいで、一時は琴から遠ざかっていたのですが、ひさしぶりに出して弾いてみました。もちろん弦もはっきり見えて、ちゃんと演奏できたそうです。
一度あきらめたことがまたできるようになるのは、ほんとうにうれしいです。こんな喜びを味わえるのも、新視力若返り食品を紹介してくれた友人のおかげです。

加齢黄斑変性について詳しくはこちらです。
加齢黄斑製

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です