肝臓を労るに週2日の休肝日が必須

体にとって最もよいお酒の飲み方は、1回の飲酒量を適量にし、しかも1週間の飲酒回数を少なくすることです。

アルコールを毎日飲んでいると、肝臓はそれになれてきてアルコールを速く処理するようになります。俗に「お酒に強くなる」というのが、この現象です。

お酒になれるということは、逆な見方をすれば肝臓がそれだけ一生懸命に働いているわけで、ぁまりにもそれがつづきすぎると肝臓に負担がかかります。

もちろん膵臓や胃などにも負担がかかることになります。つまり、ここで強調したいのは、決してお酒に強くなった」と過信してはならないということです。

たとえばアルコールのせいで肝臓を悪くした人を見てみると、確かに酒量が多くて、お酒に強く見えます。しかし、それゆえにこそ肝臓に相当の負担をかけて悪化させてしまっているのです。

連日の飲酒習慣のある人は、週2日は完全にお酒を断つ必要があります。肝臓は回復力が旺盛なので、2日間のうちに傷んだ細胞が生き生きとよみがえります。疲れた肝臓にも週休2日を与えてリフレッシュさせようというわけです。休肝日を習慣づければ、肝臓に無理な負担をかけることもなく、適量で気持ちよく酔えるでしょう。

2週間の禁酒が脂肪値を半分に

肝臓に負担をかける薬はお酒と一緒に飲まない

医師から何か薬を処方してもらい、それを飲んでいるときは、アルコールの飲み方について必ず医師の指示に従う必要があります。
それというのも、薬とお酒をいっしょに飲むと、肝聴で薬を処理する速度が著しく遅れてしまうことがあるからです。睡眠薬の場合、ことにその作用が強く出て、ときには昏睡に陥る危険があります。

同じことが糖尿病の血糖降下薬や心臓病の抗凝固薬についてもいえます。売薬を利用するときも、使用説明書の注意事項には必ず目を通すようにしましょう。この程度なら、という素人判3断は危険です。

飲酒を夜9時までにすることで不快な二日酔いが予防できる

不快でツライ二日酔いを完全に防ぐ、とっておきの方法があります。それは、夜寝ている間に、飲んだアルコールが血液中から完全になくなるような飲み方をすることです。

では、その飲み方とはどんなものなのか、日本酒の場合を例にとってお話ししましょう。体重60kgの人が1時間に処理できるアルコールの量は6~12 gです。日本酒を仮に3合飲んだとすると、それに含まれるアルコール分は約65gですから、弱い人で10時間、強い人で5時間ほどでアルコールはほとんど分解されてしまいます。

普通の人であれば、7~8時間でアルコールが抜けると考えてよいでしょう。この計算でいけば、日本酒3合を午後10時に飲み終えると、翌朝の5時か6時にはアルコールの処理が終わっていることになります。

逆に同じ日本酒3合でも、深夜の2時、3時まで飲んでいるようでは、翌日の午前中になってもアルコールが抜けず、二日酔いは避けられません。

つまり、お酒の量もさることながら、切り上げる時刻を早めにすることが二日酔いを防ぐ飲み方なのです。具体的には、できれば午後9時に酒席を離れるようにしましょう。一番盛り上がる時間帯に席を離れるのはツライかもしれませんが、二日酔いを避ける飲み方です。

しじみの特効成分タウリンが疲れた肝臓に効く

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうということにあります。

とりわけウィスキーやブランデーなど、アルコール濃度の高いものがまじると、血液中のアルコール濃度が著しく上昇し、アセトアルデヒドがたまって悪酔いするわけです。

それに加え次のような理由もあげられます。

たとえば、ビールを飲んだときと日本酒を飲んだときとでは、胃や腸の反応が異なります。お酒のアルコール濃度が違えば、体はいちいちそれに合わせて反応を変ぇなければならないのです。

さらに、お酒には種類によってアルコール以外のさまざまな成分が含まれています。日本酒に含まれる有機物は実に300種類以上。何種類ものお酒を飲むということは、アルコール以外の成分にもそれぞれ体が対応しなければならず、同じお酒を飲むのにくらべ、体に大きな負担をかけることになるのです。

アルコールの絶対量と体にかかる負担がともに増加するのですから、悪酔いを招くのは当然です。お酒を飲むときは原則としてチャンボンにしない、ぜひこれを守っていただきたいものです。

そして、基本的なこととして日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内ということです。

お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げる

一般的には、肝臓に対するお酒の影響にばかり気をとられがちですが、健康のためには、お酒のエネルギー(=カロリー)についても注意する必要があります。

というのは、アルコールは、もともと高エネルギーで、肥満の元凶になりかねないからです。

ビール大びん1本のエネルギー量は247kcalで日本酒1合だと193kcalもあります。ご飯茶わんl杯(150g)が220kcalですから、どちらも、ほぼそれに匹敵するエネルギーがあるといえます。

「お酒を飲んだ分、ご飯を食べなければいい」と酒飲みはえてして考えがちですが、これは誤りです。アルコールはエネルギー源になるだけで、ほかの栄養素はほとんど含まれません。

そこで、体に必要な栄養素はほかの食品から補う必要が出てきます。また、アルコールはほかのエネルギー源よりも燃えやすいため、本来のエネルギー源である脂肪や糖質は使われずに、体の脂肪組織に貯蔵されてしまいます。

これが肥満や糖尿病の一因となるのです。健康を維持するには、体に必要な栄養素は食事からきちんととることが基本です。アルコールはあくまでも噂好品、食事がわりにはならないことを頭に入れておかなければいけません。
アルコールのカロリーの目安は、以下のとおりです。

  • ビール 大びん(247kcal)
  • ビール 小びん(135kcal)
  • 日本酒 1合(193kcal)
  • ウィスキー ポケットビン(403kcal)
  • ウィスキー ダブル(134kcal)
  • ウィスキー シングル(67kcal)
  • ワイン 1杯(92kcal)
  • 焼酎(252kcal)

飲み過ぎの肝臓にはシジミのサプリ