中間管理職が意識すべき食習慣

30代、40代の中間管理職の人がいちばん気をつけなくてはならないのはフラストレーションだといわれています。その層の人に大きなストレスがかかっているのに、企業のトップや上級管理者のような決定権がないために、真正面からの対応ができないのです。

ストレスに対する対応は、基本的には原始人がライオンに出会った場合と同じで、闘うか逃げるかの2つしかありません。それをファイト・オア・フライト反応といっているのですが、中間管理職に限らず、決定権をもった一握りのトップや一部の権力者を除いて、現代人の多くはファイトもフライトもできないという状況に置かれています。

それがストレスそのものよりも、もっとやっかいなフラストレーションを生み出してしまうのです。ストレスが加わった場合、基本的には選択は2つしかない。正面から対決して挑戦するか逃げるかだが、中間管理職は、そのいずれも選択できないことが多いのです。

選択を回避して対応を保留しなくてはならないために、結局はフラストレーションにとりつかれることになるのえす。フラストレーションはコーチゾン・タイプの副腎ホルモンの過剰な分泌をうながして、血中コレステロールのレベルを高めるのですが、そのコレステロールは燃やすことができません。

どこにも行き場がないので、ステロイド剤を処方されてい方に起きる副作用と同じような潰瘍を生み、大腸にも病気が出てきます。
それが体の状態をより悪くさせ、血圧が上がり、血中の脂肪の量が増加します。フラストレーションは、制御のできない解決不可能なストレスになっていくわけで、それおが多くのミドル層を困らせているのですが、ではどうやったらよいのでしょうか?

1つはフラストレーションを生まないようにうまく対応することです。正面から当たれるものには出来るだけ正面から当たって、ファイトする。そうすれば満足感や達成感が得られて、多くの場合ストレスは消えることになるでしょう。

ミドルよりもはるかに元気のいい社長がいるのはそのせいなのです。もう1つは抗ストレスに働く栄養素が十分にとれる食事の内容にすることです。

そしてコレステロールと脂肪の摂取量を減らし、質のよい蛋白質をとることです。ともかくそうやって、社長に比べるとはるかに不利な立場にあるミドルの期間を乗り切るしかありません。
総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

抗ストレス栄養素はどういうものかというと、ビタミンC 、E、B群、そにマグネシウムです。B群のなかではとくにパントテン酸とビタミンB2が重要で、それらの十分にとれる食事が中間管理職にとって最善の食事ということになります。

とくに重要な食品を挙げると、レバー、緑色野菜、果物、精製していない穀類、豆類、ミルク、卵、チーズ、たらこなどの魚卵、小麦胚芽、ビール酵母、花粉などです。

野菜と果物はすぐれたビタミンC 源ですが、ストレス下では体のビタミンC 要求量がはね上がるため、サプリメントを常備しておくといいでしょう。

そして、ストレスがかかった場合にはすかさず飲むことです。体の要求量に応じた補給がなされないと、副腎による緊急事態に応じたホルモンの産出ができなくなるのです。

抗酸化ビタミンはこちらです。

4兆個の乳酸菌が超の免疫力を強化する「濃縮乳酸菌」は医師も認める整腸力、濃縮乳酸菌の具体的なガン撃退の仕組み

がんの予防・改善には免疫力の向上が必須で腸内環境を整えることが最重要

日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなっています。がんになりにくい状態、万が一がんになっても治療の副作用に耐えられる状態を維持するには、ふだんから体の免疫力を高めておく必要があります。
免疫力を高めるために重要な役割を担っているのが「腸」です。腸には、免疫システムの中心となって働く「免疫細胞」が、体全体の6~7割も集まっています。免疫細胞の働きは、腹の中に生息する細菌の分布状態によって左右されます。

私たちの腸内では、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌が絶えず勢力争いをくり広げています。健康な人であれば、善玉菌が20% 、悪玉菌が10% 、残りの70%が日和見菌といわれています。
日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢なほうの味方になります。免疫力を高めてがんなどの病気や治療の副作用を退けるためには、乳酸菌を1日1兆個以上補給して善玉菌を増やし、日和見菌を味方につけて腸内環境を良好な状態に保つことが必要とされています。

濃縮乳酸菌とは

善玉菌を強力に増やして腸内環境を良好な状態に保つ方法の1つとして、濃縮乳酸菌があります。
濃縮乳酸菌と抗がん剤の併用による体の調子

濃縮乳酸菌は、加熱処理された「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」という乳酸菌を1包につき4兆個以上も含んでいます。4兆個の乳酸菌は善玉菌の勢力拡大を助け、日和見菌を味方にすることで腸内環境を改善すると考えられます。

「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」は、数千種類以上あるとされる乳酸菌の中で、免疫力の増強に最も優れた菌種です。しかも、加熱処理することで本来持っている働きが3倍に高まることが確認されています。乳酸菌の「質」「量」ともに圧倒的に優れた健康食品が濃縮乳酸菌なのです。

濃縮乳酸菌は白血球の減少抑制や抗がん剤の副作用軽減に有効な乳酸菌を豊富に含有

FK-23菌には次のような働きのあることが、岡山大学、北海道大学、帝京大学医学部などの研究によって確認されました。

  1. 抗がん剤の毒性軽減作用
  2. 白血球の減少抑制件用
  3. 感染防御作用
  4. 血圧降下作用
  5. 抗腫瘍作用
抗がん剤の毒性軽減作用
数多くのがんに有効性が認められている抗がん剤の1つに「シスプラチン」があります。シスプラチンは、腫瘍を縮小させる優れた効果があるものの、吐きけや嘔吐、食欲不振、倦怠感、脱毛、腎機能障害などの強い副作用を伴うのが特徴です。そこで、シスプラチンをマウスに投与してからFK-23菌を与えたところ、副作用が軽減。最も深刻な副作用である腎不全などの腎機能障害も抑えられていました。
白血球の減少抑制件用
抗がん剤治療は、免疫力のかなめである白血球の減少をもたらすことがあります。抗がん剤を投与したイメにFK-23菌を与えたところ、白血球の増加が確認されました。さらに、各種の抗がん剤といっしょにFK-23菌を与えたマウスを観察したところ、肝臓や腎臓の機能低下が防げたことも報告されています。
感染防御作用
一般的に、老化やストレス、抗がん剤による副作用などで免免疫力が低下すると、カンジダ菌などの病原菌に感染します。カンジダ菌はカビの一種です。皮膚や口腔、膣などに炎症をもたらしアレルギー性の病気などを悪化させます。免疫抑制剤を投与して免疫力を低下させたマウスに、カンジダ菌を感染させてからFK-23菌を投与しました。その結果、マウスの生存率が上がり、病原菌の感染を防ぐことが確認されました。
血圧降下作用
高血圧のマウスにFK-23菌を与えたところ、血圧の低下が確認されました。血圧降下作用はFK-23菌内に含まれる核酸の働きによるものと考えられます。
抗腫瘍作用
乳がん細胞を移植したマウスに、移植の翌日からFK-23菌を与えたところ、明らかながんの縮小が認められました。

そのほかにも、がんの転移、肝炎や肝硬変、インフルエンザなどに対するFK-23菌の研究が進められています。今後、免疫力増強作用のあるFK-23菌を豊富に含む濃縮乳酸菌が、より多くの医療機関で活用され、多くのガンを撃退していただきたいです。

うつ病は心の病か?

うつ病は、必ずしもわかいにく病気ではなく日常的に使っている言葉やイメージによってきちんと理解を求めていくことができます。

  • うつ病は心の病気です。心も体と同じように、病気になることがあります
  • 「うつ病は心が風邪をひいたようなものです」

最近、こんな説明がよく聞かれます。とくに「心の風邪」ということばには、「だれでもかかる」「ちゃんと治療できる」「こわがりすぎる必要はないが、放っておくとめんどうなことになる」というメッセージが込められているようで、工夫されたいい方だと思います。

けれども、正直にいうと、私はこれらのいいまわしに対してどこか違うような違和感があります。以前、ある方から、「心のかぜ」だなんて、とんでもないですよ。もっとうんとつらいし、なかなか治らないし…と、いかにも腹立たしそうにいわれたことがあり、それも違和感を持つひとつの理由になっているのかもしれません。

ただ、もっと基本的なこととして、「心」ということば自体が持つニュアンスがあります。たとえば「心があたたかい」「心がまっすぐだ」「心が通じる」というようないい方から、日本語の「心」ということばには、ひとがらしせいその人の人柄やものの感じ方、生きる姿勢などに深く結びついている部分があるように息えるのです。考えすぎなのかもしれませんが、「心の病気」と聞くと、なんだかその人の人間性そのものにゆがみや障害が起きているような印象を受けてしまいます。

そういうイメージは、精神科医としてけっして持ちたくないものなのです。

うつ病は「気分の変調」が起きる病気です。統合失調症は「思考のまとまり」がつきにくくなり、不安障害では危険を感じて自由に動けなくなります。

それらはどれも、私たちの「脳神経の働き」と関係していることが、ある程度までわかっています。このように、いろいろな精神的な不調については、「心」という、あたたかいけれどあいまいなことばを使わなくても、きちんと説明することができます。

みなさんも、うつ病について、なるべく身近で具体的なことばやイメージで理解していってほしいと思います。うつ症状に悩む本人も、周囲でサポートする人にとっても、「ふつうのことば」による理解が、症状の改善へと向かう大きな力になるはずだと私は思います。

水溶性低分子キトサン はこちら。

遺伝や家族との関係性

うつ病と遺伝の関係ははっきりとわかっていませんが、家族にうつ病を発症した人がいる時には、精神的な距離を保ちながら見守りましょう。

うつと遺伝や家族との関係性についても、関心が集まる話題のひとつです。たとえば、「母親がうつ病でしたが、自分はだいじょうぶでしょうか」「同居している家族がうつ病になったのですが、なにか影響がありますか」というようなことです。

まず、遺伝に関する医学的な見解ですが、双極性障害(いわゆる操うつ病) についてはある程度遺伝の関与が考えられていますが、うつ病に関しては、はっきりしたことはわかっていません。

思い出してほしいこととしてうつ病はたいへん多くの人がかかっている病気だということです。女性のうつ病の生涯有病率は10~25%という高い数字です。

25% といえば4人に1人ですから、同じ家族のなかにl人、2人とうつ病の人がいても、さほど不思議なことではありません。科学的にはっきりわかっていないうつと遺伝の関係を心配するよりも、自分自身のうつを防いでいくためにできることを考えていくほうが、ずっと前向きです。

性格は、遺伝的な要因と環境的な要因がからみ合いながら形成されていきますから、自分の性格を理解して、環境との相性を考えていくのは、心の健康にとってだいじなことです。

たとえば、長年二人で暮らしてきた夫婦のうち、まず夫がうつ病を発症し、あとを追うように妻も発症するというように、家族のなかでだれかがうつ病になると、他の家族メンバーにいろいろな影響が出てくるということはたしかにあります。

これにはいろいろな理由が考えられますが、一般的にはやはり、いわゆる「巻き込まれてしまう」ということが大きいのではないかと思います。家族のだれかがうつ病になったときには、うつ病になった当人からも、自分自身からも、意識的に少し精神的な距り離を保ちながら、長い目で見守っていくということが、大切です。

「ヌーススピリッツ」 はこちら。

性格とうつの関係性

精神的な健康をためていくためには自分がどういう人間かをそれないりに知って、その持ち味を生かしながら具体的な問題に取り組んでいくことが大事です。

「私はうつ病になりやすい性格らしいのですが、これを変えることはできないのでしょうか」という相談を受けることがありますが、そもそも、うつ病になりやすい性格というものはあるのでしょうか。

ドイツの精神科医フベルトゥス・テレンバッハは、1961 年に出版した著書のなかで、「メランコリー親和型性格(うつ病に親和性のあるきんべんせき性格)」として、まじめで勤勉、責任感が強く、秩序やルールを大事にし、誠実で道徳心が高い、などを指摘しています。

また、日本絹神科医の下田医師はそれより30年ほど前に「執着性格」の人が操うつ病(現在は双極性障害と呼ばれているものですが、実際に研究に協力した人たちの大半はうつ病でした) になりやすく、特徴として、仕事熱心、凝り性、正直、几帳面、正義感が強い、などとしています。

ただ、結論からいうと、性格を変えようという考え方は、基本的にはおすすめできません。なぜならば、性格はそう簡単に変えられるものではありませんし、「こんな性格がうつになりやすい」というよりも、性格と環境の相互作用が「うつのなりやすさ」に大きく関与していることが、最近の研究でわかってきたからです。

たとえば、人間関係のこじれは、うつを引き起こしやすい誘因のひとつですが、とくに人づきあいをだいじにするタイプの人は、自分の意見がみんなに反対されたりすると強いストレスを感じます。

いっぼう、どんどん新しいことに挑戦していくようなタイプの人は、人間関係上の多少の摩擦は平気でも、自分が情熱をそそいだ仕事がうまくいかないと、まわりがびっくりするほど落ち込んだりします。

まず、自分の性格を受け入れて、だいじにする。そして、自分が力を発揮できる状況や、逆にストレスやプレッシャーを受けやすい環境を、少しずつでも把握していきながら、いま自分が直面している具体的な課題にひとつひとつていねいに向き合っふせていく。
そういうスタンスが、うつを防ぐという意味でも大きなポイントになります。

性格的にがんばりすぎる人ほど、むりをしてストレスをため込んでしまい、その結果うつを発症するというケースは多いのですが、そのきっかけとなるのは、昇進や退職、結婚や離婚などといった、大きな環境の変化です。

水溶性低分子キトサン はこちら。